• ホーム
  • 出産時に性病だと母子感染することも

出産時に性病だと母子感染することも

悩んでいる男性

性病は早期発見早期治療が望ましいですが、場合によって妊娠している女性が臨月まで性病にかかっていたまま出産すると、おなかの赤ちゃんにも感染してしまうことが考えられますので注意が必要です。
出産時に母子感染をする可能性のある性病は、クラミジア、梅毒、淋病、性器ヘルペス、HIV、カンジダ症などがあります。
主な感染ルートは、胎内感染、分娩時感染、母乳感染があり、感染ルートによって性病の種類も変わってきます。
出産時に感染しやすい性病は、クラミジアや淋病、性器ヘルペスやカンジダ症などがあります。

これは、産道内にいる病原菌や、分娩した際に母体の血液中の病原菌が赤ちゃんに感染してしまう場合です。
特に、カンジダ症は普通の性感染症とは異なり、性行為でうつることもありますがもともとは体の様々なところにいる真菌が原因で起こるため、免疫力が低下したときに症状が出やすくなります。
そのため、通常の場合よりも免疫力が下がっている妊娠時はカンジダ症になりやすいです。
出産時までに治療しておかないと出産後にカンジダ性皮膚炎になったおむつかぶれになったり、鷺口瘡になって口の中に白いカビ上に物が生えて母乳やミルクが飲みづらくなるといわれています。

その他に胎内感染は、母体の病原菌が血液を通して胎盤に流れて胎児に感染する場合ですが、B型、C型肝炎やHIV、梅毒などが挙げられ、母乳感染ではHIVや成人T細胞白血病などの感染が考えられます。
大人になるとそれほど症状が強く出ることはない病気でも、生まれたばかりの赤ちゃんには非常につらい病気です。
症状が出ていたり感染に気づいた場合には妊娠中であっても治療は可能ですので、早めに治療をするのが望ましいでしょう。